【活動報告】4期生 成果発表会①


こんにちは!中原ゼミナール4期生です。


私たちは、9月よりダイヤモンド社様・ダイヤモンド・ヒューマンリソース様との共同プロジェクトに取り組んできました。キックオフミーティングにはじまり、2度の中間発表を経て3月15日に成果発表会を実施しました。

今回は、発表会に向けた準備期間や当日の様子、各班の感想などをお伝えします!

成果発表会では、各班のワークショップをダイヤモンドグループ様の商品として売り出すか否か="GO"なのか"NOT TO GO"なのかを判定していただきました。

肝心の結果はのちほどご報告するとして、まずは本プロジェクトについて簡単に説明します。

本プロジェクトでは、ダイヤモンド社様の出版している内定者フォローツールである「フレッシャーズコース」に準拠したワークショップの作成を行っています。

全4回を通じて内定者フォローを行うことを想定しており、

①内定者同士のつながり作り

②課題を発見力する力を高める

③相手に伝わる質問をするには?

④強みと、その強みが活きる条件とは?

とテーマを設定しました。


グループごとにこのテーマに取り組み、各ワークショップの商品化を目指して半年間活動してきました。

普段の活動では、グループでのミーティングに加え、他学年のゼミ生に向けた体験会や4期生同士のフィードバック会を定期的に設けながら各班のワークショップをブラッシュアップし、発表会に臨みました。

商品化の実現に向けて、各班かなり熱を入れて取り組んでいました。

受講を通して内定者の方にどんな変化をもたらしたいのかを常に意識しながら、完成度を高めるために日々奮闘していました!次の投稿で、各班のゼミ生から募った感想を掲載しますのでそちらもぜひご覧ください。

そして当日は、ダイヤモンド社様の本社にて

・企業の方に向けた「ワークショップの紹介プレゼン」

・ワークショップ本編の実践

の2つの発表を行いました。



・企業の方に向けた「紹介プレゼン」

”ワークショップの導入を検討/決定する企業の「人事担当者」の方に対して自分たちの作っているものを紹介するなら?”というテーマで、現状分析やテーマ設定の背景、ワークショップの概要を発表しました。





・ワークショップ本編の実践

ダイヤモンドグループの皆さまに内定者になりきっていただき、学生が進行を務めました。

ゼミ生以外にワークを体験していただくのは初めてだったので4期生一同緊張していましたが、実際に体験してもらったことで自分たちでは気が付くことのできなかった部分に対するご指摘やご意見をいただくことができました。






この2つの発表をもとに、ダイヤモンドグループの皆さまにワークショップを評価していただきました。

結果、無事商品化が決定しました👏㊗️

今後さらに修正やブラッシュアップを重ね、6月末に本格的に商品が完成する予定です。


プロジェクト始動当初から商品化の実現を大きな目標としていたので、安堵したゼミ生も多かったことと思います。

その一方で、内定者の方にお届けするものを作ることの責任の重さやダイヤモンドグループ様の熱意を感じ、気が引き締まる思いでいます。

企業の方に私たちの作るワークショップを導入していただくことを目指し、今後も駆け抜けていきます!

今回、4期生は「商品化」という一つの大きなハードルを乗り越えることができましたが、中原先生をはじめ、2,3期生の先輩方や5期生、ダイヤモンドグループの皆様の支えあってこそ成し遂げられたことだと思います。4期生一同、感謝の気持ちを忘れずゴールまで頑張っていきます!

最後になりますが、ダイヤモンドグループ様と共同してこのようなプロジェクトに取り組む貴重な機会をいただけたこと、心より感謝申し上げます。

また、成果発表会にお越しいただきありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします!



4期生 清水もも


************************

立教大学経営学部中原ゼミナール

HP: https://www.nakaharaseminar.com/

4期生Instagram: @nakahara.seminar.fourth

3期生Instagram:@nakahara.seminar.third

E-mail: nakahara.seminar.official@gmail.com

************************

閲覧数:73回0件のコメント

最新記事

すべて表示